外反母趾について

外反母趾の自己予防について

外反母趾とは、足の親指が小指側に曲がる症状である。
親指の曲がりがひどくなると足の痛みが伴うようになり、歩けなくなったり足が変形して靴がはきにくくなる。
また痛みが伴うため、歩き方が変になり膝や股関節に負担が強いられるようになる。
外反母趾の原因は、先細の靴やハイヒールといった履く靴によってできる事が多く、履く靴を選ぶ事によって予防できる。
それは、足の指が自由に動く事、靴の先端が親指に寄っている事、親指と小指の付け根の周りが大きい物、ヒールの場合は低めの物等が挙げられる。
また、足の全長や幅、踵や足の甲、つま先といった各パーツのフィット感に注意し、全体的にゆとりを持たせる事が必要である。
このように靴選びは非常に重要であり、自分で対処できる外反母趾の予防法である。