外反母趾について

本当は怖い外反母趾

外反母趾とは、足にあっていない靴を履いていたり、ヒールの高い靴を長時間履いているとなりやすいといわれる。
なので、比較的女性に多いものである。
最初は親指や小指が内側に食い込む形で変形しだすことからはじまる。
この時点ではさほど痛みを感じないので放っておく人も多いだろう。
だが、そのまま足に合わない靴を履き続けると、外反母趾は進行していく恐れがある。
外反母趾が進行していくと、どんどん指が食い込んでいき、歩行時のみならず起立しただけでもかなりの痛みを伴うようになる。
最終的に指の付け根の関節が脱臼した状態になってしまう事もある。
そうなる前に、きちんと自分の足に合った靴を選び、必要に応じて治療もしていかなければならない。