外反母趾について

「外反母趾」予防とケアについて

女性に多くみられる「外反母趾」は、かかとの高い靴や、足に合わない靴をはいているためにおこる、足の親指が小指の方へ曲がってしまう症状です。
症状の進行によっては、痛みを伴う場合があります。
軽症であれば、「外反母趾」サポーターを使用したり、足の指を広げたり、グーパーをするなどして、足の指をマッサージして、関節が固まるのを予防します。
決して、乱暴に強いマッサージを行わないように注意してください。
骨や軟骨はとてもデリケートなのでかえって逆効果になる場合もあります。
やさしく行ってください。
グルコサミンなどのサプリメントを飲用したり、サンマ、イワシなどの「DHA」「EPA」を積極的にとります。
予防やケアは大切ですが、症状が進行が気になる、痛みを伴うなどの場合は早めに専門家の治療をうけましょう。